助産師が転職でスキルアップを目指す

助産師という仕事は生命の誕生に携わる仕事ということもあり、高い技術力が必要です。その中で、スキルアップについて検討している方も多いのではないでしょうか。

様々なスキルアップの方法がありますが、認定看護師資格の取得を目指すという方法もおすすめです。

助産師求人の応募資格は看護師資格を持っていなければ取得できないということからもわかるように、看護師が行う業務や知識と深く関わっています。

看護師の上位資格である認定看護師資格が取得できれば、助産師としてのスキルアップにもつながるわけです。

お産では様々な病症を伴うことがありますが、そういったものに素早く正しく対応するためにも認定看護師の知識というのは非常に役立ちます。

このほかにも母性看護専門看護師、エキスパート助産師などの資格があるため、気になるものがあればチェックしてみてくださいね。 現在、助産師資格のみで活躍している助産師の方もたくさんいるのですが、これからはさらに専門的で高度な技術と知識が求められる時代になります。

様々な資格を持っていれば転職にも役立てることができるため、スキルアップを目指してみましょう。

近年は少子化の問題も進んでおり、それに伴ってお産件数も減っています。 一人一人の妊婦さんにあてられる時間が増えたということでもあり、かなり繊細なサポートを行っている病院施設も増えてきたのです。

どのような取り組みが行われているかというのは病院によって違うため、転職をして新しい施設で働くというのもスキルアップになるでしょう。

同じ職場で学べることというのはどうしても限られています。 職場や担当する業務内容が違うところに転職をすれば新たなスキルアップにもつながるため、今の職場で学べることがなくなってしまったということであれば転職についても考えてみてくださいね。

晩婚化の影響もありハイリスク妊娠も増えているため、そういった方をサポートできる知識や経験が求められています。 こういった経験を積みたいと思っているのであれば、大きい大学病院や総合病院がおすすめです。
群馬県邑楽郡の内科、小児科、救急科、婦人科の増田医院

助産師はブランクがあっても大丈夫?

助産師の仕事は新しく生まれてくる生命を自分の手で受け入れることができる素晴らしい職業です。ベテランの助産師さんは1000人以上の赤ちゃんを誕生させたという方もいらっしゃいます。喜びや達成感は通常の看護業務よりも大きいかもしれません。

その達成感を得るために助産師を目指した方も多いのではないでしょうか。出産を迎えた母親は陣痛に耐えながら分娩室で助産師にすべてをゆだねます。お母さんは赤ちゃんを取り上げてくれた助産師さんを忘れることはないといいます。大きくなった赤ちゃんを見せに連れてきてくれるお母さんたちもいるようです。

小さかった赤ちゃんが大きくなっていくのも喜びの1つかもしれません。また、何十年も助産師を続けていると自分で取り上げた子が大人になり、その子の赤ちゃんを取り上げるということもあります。親子2代の出産に立ち会えるなんてとても素敵なことですね。

その一方で、助産師の仕事は時間に関係なく、24時間いつでもお産が入って来る仕事なのでとてもハードです。やりがいや喜びが大きいだけ責任も大きくなってきます。出産予定日はあってないようなものです。いつ何があっても対応できるようにしておかなければいけません。

ですので、仕事とプライベートの区別がつけにくいので、家庭や育児で忙しくなると一旦仕事を離れる助産師も少なくありません。このことは現在の助産師不足に関係しているのではないかと言われています。家庭や育児を両立させながら助産師の仕事をするのは難しいだろうから復帰をしたくてもできないと考えている潜在助産師が多いと言われています。

しかし、最近ではこの助産師不足への悪循環なシステムが見直しされ始めています。助産師の復職を支援するために復職支援制度や院内保育などを設けてサポートをする病院も増えています。労働に対する報酬、家庭と仕事の両立が図れるようにシフトの改善を目指している所もあります。

ブランクのある助産師で今まで復帰に踏み込めずにいた方は、もう一度助産師募集の内容を確認してみましょう。以前の待遇と変わってきていることがわかるはずです。

助産師の仕事内容とは

助産師の仕事内容は非常に多岐にわたります。代表的な仕事といえば出産をサポートするということです。昔は産婆とも呼ばれていたことでも知られています。

担当する役割は産まれた赤ちゃんを取り上げるということだけではありません。 出産を迎えずお子さんの体調を整えたり、生まれてきた赤ちゃんとお母さんの健康を管理するというのも重要な仕事です。

この中でも、出産前後のお母さんを支えるという役割が非常に大きく、ここに力を入れている病院や助産院も増えています。

昔はどの地域でも多くの方がそれぞれ助け合って暮らしていました。 妊娠をした女性がいれば自然と周りのサポートを受けられたのですが、現在は近隣の方との関係も希薄な状態になっていますよね。

出産や子育てについて悩みを抱えているものの、誰にも相談することができず1人で不安になっている妊婦さんはたくさんいるのです。 少子化の問題もあり、悩みを相談できる仕様はいるものの、出産経験のある知り合いはいないという方も多いようです。

そのような妊婦さんが頼りにするのが助産師だともいえるでしょう。 助産師は専門的な知識を持ち、妊婦さんや赤ちゃんに必要な食事、体調管理に関するアドバイスなどを行うことができます。

一人一人の悩みや状態は違うため、それぞれの話を聞いて的確なアドバイスができるというのも専門的に学んできた助産師の魅力です。

出産を迎える妊婦さんのために、分娩に関する準備も行わなければなりません。 必要なものをそろえるのはもちろんのこと、出産間近となり様々な不安を抱えている妊婦さんへの声掛けや不安を取り除くための対応も行う形になります。

出産後には母子の体調管理のほか、育児指導や授乳指導を行うというのも重要な仕事です。赤ちゃんは無事に生まれたもののなかなかおっぱいを飲んでくれない、何らかの障害を抱えて生まれてきたという場合などに相談に乗り、支えてあげる役割を持っています。

このように、助産師に求められる役割や、担当する仕事はとても多いため、一つずつ経験を積んでベテラン助産師を目指していきましょう。

メニュー

ページの先頭へ