助産師転職に出産経験が必要?

助産師として経験が浅いと、妊産婦さんとの信頼関係を築くのは難しいのでしょうか。お母さんにとって出産というのは、人生の中でも一大事な出来事です。初めてのお産は特に不安になってしまうものですよね。

病院や助産院でケアをしてくれる助産師さんや看護師さんはみんなプロなのできちんと対応をしてくるれるだろうと思いながらお産に挑むと思います。しかし、当たり前のことなのですが実際現場にはベテランの助産師さんもいれば新人の助産師さんもいます。人は必ず新人の時代があります。

また、若くて出産経験がない助産師の方は知識としては、分娩の全てをわかっていても妊婦さんの気持ちを分かってあげられないなどと考えてしまいます。妊産婦さんへのサポートが行き届いてないのではないかと、不安になってしまうこともあると思います。

実際、出産経験がないという理由で妊産婦さんの受け持ちになることを断られたという話もあります。どんなに努力をしても、経験がないということだけで否定されてしまうのはとても悲しいことだと思いますし、少しへこんでしまいますよね。

初産のお母さんは何もわからずに不安でいっぱいなので、何が正しくて何がよくないのか赤ちゃんはちゃんと生まれてくるのか、どのくらい痛いのか赤ちゃんが生まれてくるまで不安が続くものです。出産経験がある妊産婦さんは、一度目よりもより楽にリラックスをして出産したいと考えます。

出産経験がない助産師さんでもそんな不安な妊産婦さんたちに、寄り添って話を聞いてあげることはできるはずです。妊産婦さんが何に不安を持っているのかひとつずつ聞いてあげて解消をしてあげることで信頼関係を築いていくことができるのではないでしょうか。

たとえ仕事としての経験や出産の経験がなくても、妊産婦さんを思う気持ちや無事に赤ちゃんを産ませてあげたいという気持ちが強ければ必ず信頼してもらえるようになるはずです。プロの助産師なんだという自覚を忘れずに仕事をしていくことが大切なのです。

メニュー

ページの先頭へ